ブランドバッグ修理

新しいバッグを購入して、みなさんはバッグ修理に出すという姿勢によって、バッグを継ぎ接ぎだらけのものにしている認識を持つことはないでしょうか。それは、そもそも、修理という認識が私達のような現代社会の人たちから遠ざかってしまっているせいではないでしょうか。

今時、服に大きな継ぎ接ぎをしている人たちはあまり見かけることが出来なくなりましたが、バッグ修理にそれが受けいられているのは、バッグ修理をしっかりおこなってくれる、バッグ修理のノウハウを知り尽くした技術者がここに存在しているからです。

カバンみなさんが、そのような人たちに、向きあうことで、今後もっとバッグに対して、愛着を持つことが出来るようになるのではないでしょうか。そして、もちろん、そのような人たちは、大きな目立つ継ぎ接ぎをする訳ではなく、全然他の人たちから見てバッグ修理したことが判らないほどの出来にしてくれます。

バッグ修理というモチベーションをみなさんがもっと持つことが出来れば、自ずと、高級なバッグを購入しようという気持ちも生まれるものではないでしょうか。最近では、ブランド意識も若い人たちに薄れて来たと言いますが、バッグ修理の認識と同時にブランドに対しても再評価する時がきっと来るでしょう。

庶民根性?

代わりの革が見つかって、根革の複製品ができ上がれば、専用のミシンで縫合する作業に入ります。根革を取ってを結び付けるための金具を取り付けて、持ち手を元の状態に戻し、作業が完成します。実際には、根革の場合、大きなバッグ修理の作業という感じではありませんが、しかし、バッグ修理者が真剣に向きあわなければならない場所というのも事実です。根革はバッグにとってももちろん大事な部分なのです。 もちろん、代替となる革の在庫がある場合には、修理にかかる時間はそれだけ短くて済みますが。

専門業者にバッグの切れた根革の修理や交換を依頼すると、まず、バッグ本体から壊れている革を取り外す作業が行なわれます。そして、バッグ修理のプロフェッショナルたちは、似ている革を切り出し、パーツを加工、専用ミシンで本体に縫いつける作業をして行きます。

最後に金具を取り付けて作業が終了します。そこで、みなさんは、バッグの今まで見たことのない愛着のある顔を見ることにもなるのではないでしょうか。バッグの細部の拘りをみなさん自身が覗き込めば、みなさんは自ずと、もっとバッグを大事にしようという姿勢も生まれるのかもしれません。 バッグの中でも一番負荷量の大きいのが根革なので、根革の老化などで切れてしまう問題はかなり起きます。しかし、みなさんは、まだまだバッグ修理という認識を持てずにいるのかもしれません。

そのとき、根革という部分が破損しただけなのに、新しいバッグを購入しなければならないという必然的気持ちが起こってしまうことになります。根革を強化するか、新規に作成した根革と交換するなど、なぜそのような気持ちを、ストレートに日本人たちは持つことが出来なくなっていてるのでしょうか。バッグ修理という姿勢は、壊れたものを使い続ける、庶民根性と勘違いしている人たちもいますが、決してそのようなものではありません。

時間がかかる?

根革という壊れてしまうリスクが非常に高い場所をそのまま放置し、そこの部分が使い物にならなくなれば、まだまだ他の部分は使用出来るというのに、捨ててしまう発想を持っている人がいますが、それでは本当にもったいない話しです。まだまだ、一度もバッグ修理をしてもらったことがないという人たちに、是非、体験していただきたいのです。もちろん、一度、そのような体験をすれば、慣れて、次回もバッグ修理してもらおうという気持ちも自ずと生まれるでしょう。

バッグ根革の修理・交換を行なう専門業者は、まず、壊れた部品と取り外す作業から取り掛かって行きます。取り外す際には、本体に傷をつけないよう、注意する必要がありますが、もちろん、レベルの高いバッグの技術者がバッグ修理をしてくれるので、みなさんは安心して任せることが出来ます

取外しの作業が終われば、次には、交換するパーツの加工を行なって行きます。そのとき似ている革を選定し、もとの根革と似たパーツを作成して行きます。

必要となる時間やコスト、さらに作業の可否などについては、交換出来るパーツの作成が可能な革の有無によっても変わり、みなさんが想像している以上、時間がかかるということもあるかもしれません。いわばそれほど、真剣に技術者はバッグ修理と向きあっているのです。

推奨リンク>>>バッグ修理業者【靴専科】

バッグ修理のアドバイス

今、バッグ修理をしてもらおうと思っている人たちもどんどん増えてきていると言います。 ものを大事にするモチベーションは、現代社会に生きている人たちなら、当たり前に持ち合わせたいことです。

そのような認識を放置していると私達は、どんどん使い捨ての怠惰な生活に、浸透していってしまうだけです。そのような人たちに、いま地球の未来を語ることが出来るのでしょうか。バッグを修理してもらうというモチベーションを持つことによって、私達は、よりバッグに対して、愛情を持つことが出来るようになります。みなさんは、いままで、しっかりとバッグを見つめるまでには至らず、その前に捨ててしまっていたということはないでしょうか。

持ち手、そして本体をつなぐ役割を持ち、荷物の入ったバッグの重みが直接的に掛かってている部品が根革という部分です。根革は、重量のある荷物を持ち歩く機会が多ければ多いほど負担が掛かる場所です。バッグの修理率が一番高いのはこの場所です。

そのような部分が壊れて、まだ他の部分は使用出来るのに、捨ててしまったという非常にもったいない体験をしている人たちも、いま、とても多いのではないでしょうか。ここに明らかに間違いがあることもみなさんは知っているはずです。

ただし、そのような人たちが、まだ靴修理という方法に気付いていない場合があります。実際には修理を一度もしたことがないという人たちも中にはいるのではないでしょうか。そのような人たちに何かアドバイス出来ることないでしょうか。