バッグ修理のアドバイス

今、バッグ修理をしてもらおうと思っている人たちもどんどん増えてきていると言います。 ものを大事にするモチベーションは、現代社会に生きている人たちなら、当たり前に持ち合わせたいことです。

そのような認識を放置していると私達は、どんどん使い捨ての怠惰な生活に、浸透していってしまうだけです。そのような人たちに、いま地球の未来を語ることが出来るのでしょうか。バッグを修理してもらうというモチベーションを持つことによって、私達は、よりバッグに対して、愛情を持つことが出来るようになります。みなさんは、いままで、しっかりとバッグを見つめるまでには至らず、その前に捨ててしまっていたということはないでしょうか。

持ち手、そして本体をつなぐ役割を持ち、荷物の入ったバッグの重みが直接的に掛かってている部品が根革という部分です。根革は、重量のある荷物を持ち歩く機会が多ければ多いほど負担が掛かる場所です。バッグの修理率が一番高いのはこの場所です。

そのような部分が壊れて、まだ他の部分は使用出来るのに、捨ててしまったという非常にもったいない体験をしている人たちも、いま、とても多いのではないでしょうか。ここに明らかに間違いがあることもみなさんは知っているはずです。

ただし、そのような人たちが、まだ靴修理という方法に気付いていない場合があります。実際には修理を一度もしたことがないという人たちも中にはいるのではないでしょうか。そのような人たちに何かアドバイス出来ることないでしょうか。