時間がかかる?

根革という壊れてしまうリスクが非常に高い場所をそのまま放置し、そこの部分が使い物にならなくなれば、まだまだ他の部分は使用出来るというのに、捨ててしまう発想を持っている人がいますが、それでは本当にもったいない話しです。まだまだ、一度もバッグ修理をしてもらったことがないという人たちに、是非、体験していただきたいのです。もちろん、一度、そのような体験をすれば、慣れて、次回もバッグ修理してもらおうという気持ちも自ずと生まれるでしょう。

バッグ根革の修理・交換を行なう専門業者は、まず、壊れた部品と取り外す作業から取り掛かって行きます。取り外す際には、本体に傷をつけないよう、注意する必要がありますが、もちろん、レベルの高いバッグの技術者がバッグ修理をしてくれるので、みなさんは安心して任せることが出来ます

取外しの作業が終われば、次には、交換するパーツの加工を行なって行きます。そのとき似ている革を選定し、もとの根革と似たパーツを作成して行きます。

必要となる時間やコスト、さらに作業の可否などについては、交換出来るパーツの作成が可能な革の有無によっても変わり、みなさんが想像している以上、時間がかかるということもあるかもしれません。いわばそれほど、真剣に技術者はバッグ修理と向きあっているのです。

推奨リンク>>>バッグ修理業者【靴専科】